取扱商品/通販

おぺら読本出版の出版物は、当サイトで直接お買い求めいただけるほか、タワーレコード・ヤマハミユージック大阪心斎橋店、東京銀座店、渋谷店、 横浜店はじめ全国のヤマハミュージック、ササヤ、カワイ楽器、愛知県立芸術劇場、 新国立劇場、新星堂、東京文化会館内ショップ「ヴォアラ」など全国の主要楽譜販売店にて取り扱っております。(価格は販売予価です。)

  • 【当ページでのご注文方法】
  • 購入希望書籍の冊数を入力し、購入ボタンを押してください。商品がショッピングカートに入ります。
  • 注文確認ページで削除ボタンを押すと、商品を削除できます。
  • ご注文の内容が決まりましたら、住所・氏名など必要事項を入力頂き、注文ボタンを押してください。
  • 再度注文内容・お支払金額の確認ページが表示されますので、ご確認後送信ボタンを押してください。
  • これで注文完了です。
  • 送料全国一律250円。
72. Il Viaggio a Reims ランスへの旅 あるいは 黄金百合亭
クリックで画像を表示

作曲 ロッシーニ 2020年8月25日初版刊行


1825年に挙行されたフランス国王シャルル10世の戴冠式のためにジョアキーノ・ロッシーニによって作曲された全1幕のドラマ・ジョコーソ。パリ中の劇場が戴冠式とフランスの栄光を讃えた作品を上演する事を計画していたが、ロッシーニも新国王とブルボン王家を讃えるためにこの作品の作曲に着手した。歴代のフランス国王の戴冠式はランス大聖堂で行われてきた。プロムピエール温泉保養所にある「黄金百合亭」を舞台にして、戴冠式を見学に来たヨーロッパ各国の名士たちによって戴冠式の前日、正確には1825年5月28日に繰り広げられる日常をオペラ化した。ランスに向けて出発するために馬車を待っている宿泊客。そこに一台も馬車が見当たらないとの報告が入り、大混乱の最中、宿の女将に手紙が届き、ランスに行かずともパリでも祝宴が開催されると言う事が分り、一同それぞれの出身国の音楽を披露する事でシャルル10世の戴冠を祝福することになる。戴冠式で盛り上がる1825年6月19日に、当時パリの王立歌劇場テアトロ・イタリエンヌ《イタリア劇場》の音楽監督に就任していたロッシーニは、ジュディッタ・パスタをはじめとする、当時パリで活躍していた最高水準の歌手をキャステングし発表し、タイムリーな題材でもあった事から大成功を収めた。この作品を評して、スタンダールは、ロッシーニの最も優れたオペラ作品であると絶賛している。

価格:2,600円
注文数:

TOPページへ