取扱商品/通販

おぺら読本出版の出版物は、当サイトで直接お買い求めいただけるほか、タワーレコード・ヤマハミユージック大阪心斎橋店、東京銀座店、渋谷店、 横浜店はじめ全国のヤマハミュージック、ササヤ、カワイ楽器、愛知県立芸術劇場、 新国立劇場、新星堂、東京文化会館内ショップ「ヴォアラ」など全国の主要楽譜販売店にて取り扱っております。(価格は販売予価です。)

  • 【当ページでのご注文方法】
  • 購入希望書籍の冊数を入力し、購入ボタンを押してください。商品がショッピングカートに入ります。
  • 注文確認ページで削除ボタンを押すと、商品を削除できます。
  • ご注文の内容が決まりましたら、住所・氏名など必要事項を入力頂き、注文ボタンを押してください。
  • 再度注文内容・お支払金額の確認ページが表示されますので、ご確認後送信ボタンを押してください。
  • これで注文完了です。
  • 送料全国一律250円。
オペラ対訳本


31. Stiffelio(スティッフェーリオ)

31. Stiffelio(スティッフェーリオ)

作曲:ヴェルディ

原作のタイトルが「牧師」であることから想像できるが、あまりにも深刻すぎる内容であるため、作品発表の7年後に『アロルド』と改作された。年老いた大佐スタンカーの娘リーナは、牧師スティッフェーリオの妻である。彼女が不貞をはたらいていることに気付いた父親スタンカーは、その男を殺害しようとする…

価格:2,300円
注文数:

32. Trovatore(トロヴァトーレ)

32. Trovatore(トロヴァトーレ)

作曲:ヴェルディ

アントーニオ・ガルシア・グティエレス著「エル・トロバドール」をカンマラーノがオペラ台本に仕立てた。この作品はカンマラーノの遺稿となった。トロヴァトーレとは吟遊詩人のことで、15世紀初頭のスペインのアラゴンとビスカーリャが舞台。

価格:2,200円
注文数:

33. Luisa Miller(ルイーザ ミラー)「たくらみと恋」

33. Luisa Miller(ルイーザ ミラー)「たくらみと恋」

作曲:ヴェルディ

シラーの戯曲「たくらみと恋」をもとにカンマラーノがイタリア語台本に仕上げ、ナポリのサン・カルロ歌劇場で1849年12月8日初演された。感情を写実的に表現したヴェルディの最初の作品。第1幕『愛』、第2幕『たくらみ』、第3幕『毒薬』の副題が物語の進行に深くかかわっている。ルイーザは伯爵の息子であると知らずにロドルフォを愛している。父親のミラーは、娘を慰み者であると疑っているが、それが現実になってゆく。

価格:2,300円
注文数:

34. Les pècheurs de perles(真珠とり)

34. Les pècheurs de perles(真珠とり)

作曲:ビゼー

ビゼー25歳の時の作品で、出世作といえる。漁夫ナディールの歌うロマンスはポピュラー音楽にまで編曲されている。この作品をベルリオーズは評価し、世界で最もポピュラーなオペラ「カルメン」を生みだす原動力となった。エキゾチックな世界を醸し出すために、当初舞台設定をメキシコにしていたものを、セイロン島に変更し、タイトルも巫女である「レイラ」から「真珠とり」とした。ビゼー25歳の時の作品で、出世作といえる。漁夫ナディールの歌うロマンスはポピュラー音楽にまで編曲されている。この作品をベルリオーズは評価し、世界で最もポピュラーなオペラ「カルメン」を生みだす原動力となった。エキゾチックな世界を醸し出すために、当初舞台設定をメキシコにしていたものを、セイロン島に変更し、タイトルも巫女である「レイラ」から「真珠とり」とした。

価格:2,000円
注文数:

35. La sonnambula(夢遊病の娘)

35. La sonnambula(夢遊病の娘)

作曲:ベッリーニ

フェリーチェ・ロマーニの台本。スイスの雪解けの清楚な流れが音符と歌詞に融和した絶品。アミーナは水車小屋の女主人テレーザの養女。今日はこの村の金満家の若い地主エルヴィーノとの婚約の日である。皆が集まり祝宴の歌を唄っているが花婿であるエルヴィーノに好意を寄せていた旅籠の女将リーザは浮かぬ顔。交錯する愛憎にこの土地の領主であるロドルフォ伯爵も混乱に参加し結果…

価格:2,500円
注文数:

36. La fille du regimet(連隊の娘)(仏語版)

36. La fille du regimet(連隊の娘)(仏語版)

作曲:ドニゼッティ

ナポリからパリに活動の拠点を移したドニゼッティ最初のパリ風オペラ・コミーク。19世紀初頭のスイスとパリが舞台。かつて戦場で孤児となったマリーアは連隊で育てられ今はその連帯の酒保で働いている。このマリーア実はベルケンフィールド侯爵夫人が若い時に彼女と恋人の間にできた子供であることが偶然判明する。マリーアを密かに慕い結婚を望んでいるスイスの若者トーニオはこの連隊に入隊しマリーアとの結婚を認めてもらおうとするが…

価格:2,500円
注文数:

37. Il corsaro(海賊)

37. Il corsaro(海賊)

2018年5月17日改定新訳版再版

作曲:ヴェルディ

「群盗」に続いて発表されたヴェルディの初期の作品と言える。スランプに陥っていた時の作品で、全体的に迫力には欠けるがさすがにアリアは美しく、とりわけ第1幕2場で歌われるメドーラのアリアは絶品。バイロン卿の同名詩を台本作家マリア・ピアーヴェが検閲にも粘り強く交渉し書きあげた。19世紀初頭のエーゲ海の島を舞台に繰り広げられる海賊の首領コッラードとコッラードの愛人メドーラの人間関係を中心に物語は進む。

価格:2,100円
注文数:

38. Andrea Chenier(アンドレア・シェニエ)

38. Andrea Chenier(アンドレア・シェニエ)

作曲:ジョルダーノ

フランス革命を背景に繰り広げられる恋と壮大なロマンが融合する悲劇を、バルビエ著の『アンドレア・シェニエ』をもとにルイージ・イッリカが台本に仕上げた。主人公アンドレア・シェニエは革命のパリで犯罪逃亡ほう助罪で逮捕され32歳にして断頭台の露と消えた実在の詩人。作曲者ウンベルト・ジョルダーノは抒情派的なヴェリズモオペラに対して激情派として名高い。とりわけ第1幕から5年経過した第2幕の革命下のパリの街角や第3幕、革命裁判所の大広間の光景、描写には圧倒させられる。

価格:2,500円
注文数:

39. La Fanciulla del West(西部の娘)

39. La Fanciulla del West(西部の娘)

作曲:ブッチーニ

蝶々夫人の原作者ベラスコによる戯曲「黄金の西部の娘」をもとにしたオペラ。19世紀半ばカリフォルニアに黄金を求めて一獲千金を夢見る男たちの心を和ませる酒場の女将ミニーを取り巻く人間模様をプッチーニの分厚いオーケストラとドラマティックな声で聴かせる圧倒的な作品に仕上がっている。1910年メトロポリタン歌劇場にてトスカニーニの指揮で初演された。

価格:2,700円
注文数:

40. Anna Bolena(アンナ・ボレーナ) ノーカット版、本邦初訳

40. Anna Bolena(アンナ・ボレーナ) ノーカット版、本邦初訳

作曲:ドニゼッティ

イギリス国王ヘンリー8世の王妃アン・ブーニン(アンナ・ボレーナ)を主役とする歴史ロマン。名実ともにドニゼッティの出生作であり代表作でもある。アンナの女官ジョヴァンナ・セーモーが夫である国王の愛人であると告白されるが、悪意に満ちているのは国王の方であると女官セイモーを許す。しかし、国王は邪魔になったアンナに死罪を命じ彼女は狂乱する。

価格:2,600円
注文数:

41. I pagliacci 道化師たち

41. I pagliacci 道化師たち

作曲:レオンカヴァッロ

ミラーノの音楽出版社ソンツォーニョ社の一幕物オペラコンクールに応募した作品だが、二幕仕立てに仕上げられているために、選外となったが、作曲者レオンカヴァッロの父親が裁判官として実際に扱った事件に取材された作品で、旅芝居の一座の座長カーニオが妻ネッダの不倫相手を殺害する結末は、真実主義〈ヴェリズモ〉の真骨頂と言えるだろう。

価格:1,500円
注文数:

42. La Cenerentola(チェネレントラ)

42. La Cenerentola(チェネレントラ)

作曲:ロッシーニ

イタリア語のタイトルは「チェネレントラ」。チェーネレは灰を意味し、ペントラの語尾を結合させ、チェネレントラとする。ペントラはフライパンの意味。掃除と台所の象徴を主人公の名前にした。物語は童話でもよく知られているが、このテーマはロッシーニのみならずレスピーギはじめ多くの作曲家がオペラ化している。一般には「シンデレラ」として知られているが、物語の進行はこの童話に準じている。

価格:2,500円
注文数:

43. Roberto Devereux(ロベルト・デヴェリュー)

43. Roberto Devereux(ロベルト・デヴェリュー)

作曲:ドニゼッティ

マリーア・ストゥアルダ、アンナ・ボレーナと共に『女王三部作』と言われる作品。カンマラーノの台本で、1500年代のロンドン、ウエストミンスターで展開される。ロベルトはエセックス伯、ノッティンガム侯爵夫人を愛しているが、彼女はその愛ゆえに別れなければならないとロベルトを諭す。

価格:2,500円
注文数:

44. Otello(オテッロ)(ロッシーニ作曲)

44. Otello(オテッロ)(ロッシーニ作曲)

作曲:ロッシーニ

フランチェスコ・ベリオ・ディ・サルサがシェイクスピアの同名戯曲をオペラ台本化した。19世紀において最も人気のある名作の一つであった。キプロス島からトルコ軍を撃退しヴェネツィアのサン・マルコ広場に凱旋帰国した将軍オテッロ。ヴェネツィア総督はその褒美に望むものを取らせるという。オテッロが希望したのはヴェネツィアの市民権。オテッロの妻デズデーモナに失恋した総督の息子ロドリーゴは絶望する。ムーア人であるオテッロに敵意を抱くヤーゴがある姦計を提案するが…

価格:2,500円
注文数:

45. L’elisir d'amore(愛の妙薬)新訳初版

45. L’elisir d'amore(愛の妙薬)新訳初版

作曲:ガエターノ・ドニゼッティ 2018年10月10日刊行

若い農夫であるネモリーノが地主の娘アディーナにひそかな恋心を抱く。臆病で直接気持ちを伝えることのできないネモリーノは「人知れぬ涙」で思いの丈を独白する。木陰で様子をうかがっていたアディーナはこれが本当の愛であると教授されたように思え、権力を振りかざす守備隊軍曹のベルコーレを退ける。いかがわしい医師ドゥルカマーラの導きも功を奏し、二人はめでたし…

価格:2,000円
注文数:


TOPページへ